2019 No.16「運び屋」

Pocket

2019 No.16「運び屋」
6点!/10点(斬新さ3点/5点+娯楽性3点/5点)

2018年 米国 The Mule

87歳の老人が大量のコカインを運んでいたという実際の報道記事をヒントに、巨匠クリント・イーストウッド監督が主演も兼ねて映画化。家族をないがしろに商売一筋で生きてきたが、晩年になって失敗して自宅を差し押さえられ、今やプライドと頑固さで何とか体面を保っている孤独な90歳の老人が、メキシコの麻薬カルテル組織の一味から、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられ、最初は運んでいるのが「コカイン」と知らずに、、、という展開。人と出会い、自身の存在意義や、家族のことなどを想うようになり、愛妻の死も迎え、娘たち家族と向き合い、謙虚さをもった生き方に変化していく様が見どころ。ブラッドリー・クーパーや、ローレンス・フィッシュバーン、アンディ・ガルシアら大物実力派俳優が共演する中、実娘であるアリソン・イーストウッドも劇中の娘役として出演。題材は非合法なものに変わりなく、ややはちゃめちゃな演出もあるも、イーストウッド自身の円熟味と、ほぼ完成したといっていい人生観そのものの演じ振りと、魅力あふれる脚本・演出は、さすがは映画人イーストウッドと感嘆せざるを得ない。本作品が彼の遺作にならんことを祈るのみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA