2019 No.35「天気の子」

Pocket

2019 No.35「天気の子」
4点!/10点(斬新さ2点/5点+娯楽性2点/5点)

2019年 日本 配給:東宝

「君の名は。」の新海誠監督による長編アニメーション。天候のバランスが狂い地球規模で異変が起きる中、運命に翻弄されながらも意思を貫き、もがき走る少年少女の姿を描いていた。監督が作品発表の場で「賛否両論はあると思うが」と言っていたが、全ての作品で観る者によって感想が分かれるのは当たり前であるも、本作品は特に「否定的に感じる」方も多いかと思った。世間の価値観や周りの視線をまだ強く意識しない世代や、その世代であった頃を思い出せる人、または世間の価値観に抗うタイプの人には響いたであろう。物分かりの良い大人価値観で観れば、作品の展開・内容そのものが幼稚っぽいことも相まって、共感しづらいかも。話題作なので、自身がどう感じるかを試す意味では、機会があればオススメかな。主演二人の声は醍醐虎汰朗と森七菜の新鋭が抜擢され、他に小栗旬、本田翼、平泉成、梶裕貴、倍賞千恵子らが出演。また本作の魅力である音楽は、ロックバンド「RADWIMPS」が担当。主題歌には女性ボーカルとして、女優の三浦透子が参加。作品中の映像美は言うまでもなく魅力大。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA