2019 No.41 「ライオン・キング」

Pocket

2019 No.41「ライオン・キング」
4点!/10点(斬新さ2点/5点+娯楽性2点/5点)

2019年 米 The Lion King

ディズニー・アニメの名作「ライオン・キング」を、ジョン・ファブロー監督が実写に近いフルCGで映画化。シンバの声をグラミー賞ラッパーのドナルド・グローバーが、幼なじみナラ役をあのビヨンセが夫々担当。2人は歌唱にも参加しており、エルトン・ジョンによる「愛を感じて」の他、数々の名曲が全編を通じて流れ、ミュージカルそのものの趣になっていた。私も含め、以前のアニメ作品で多くの人がストーリーを熟知している中、本作品から得られる感動は個人差が出るものと感じた。ともあれ、映像美と名曲の華やかさには、ディズニー配給ならではの高いエンターテイメント性があった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA