2016 No.121 「インフェルノ」

Pocket

2016 No.121 「インフェルノ」
4点!/10点(斬新さ2点/5点+娯楽性2点/5点)
20160219-inferno02
2016年 米 Inferno

本作は、ハーバード大学教授ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)が活躍するダン・ブラウン原作のシリーズ「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に続く第3弾!
私は謎解きやミステリー色の強い作品は苦手な方で、今回もやや心配したのだが、意外にもその色は薄く、アクションとちょっぴり悲恋も織り交ぜられた娯楽作に仕上がっていた。
そういう意味で、前2作品のファンだった方には少々肩透かしの感があるかも、、、
人類の半分を一掃する死のウィルスを解き放ち、人口過剰の問題を解決しようとするバイオテロリストの策略を防ぐため、ラングドン教授に人類の未来が委ねられる展開。
ラングドン教授が何故か記憶を失って病院にいるところからスタートする本作は、女医シエナ・ブルックス(フェリシティ・ジョーンズ)と行動を共にするのだが、この女優フェリシティ・ジョーンズは「博士と彼女のセオリー」(2014年)でホーキング博士の元妻ジェーンを演じて、アカデミー主演女優賞にノミネートされただけあって、たいへん魅力的であった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA