2016 No.119 「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」

Pocket

2016 No.119 「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」
3点!/10点(斬新さ1点/5点+娯楽性2点/5点)
gallery013571_5
2016年 日 S・D・P

「闇金ウシジマくん」シリーズの最終章となる本作を山口雅俊監督が映画化。
10日で5割という違法な高金利で金を貸す闇金融業者の社長 丑嶋馨(ウシジマカオル)の生き様が描かれており、今回は債務者のダメっぷりや強烈な取り立てシーンの露出はウンと低くなっていたが、なかなか濃厚なヒューマンドラマ仕立てになっていた。
ウシジマの中学時代にも遡り、現在に至るまでの背景や、友情・確執を生んだ人間関係を丁寧に展開。
悲哀の中でも信念を貫くウシジマを山田孝之が好演し、永山絢斗、真飛聖、真野恵里菜、YOUNG DAIS、安藤政信、間宮祥太朗ら共演者が脇を固めていた。
個人的には「闇金」のタイトルに相応しいグロい取り立てシーンを期待したが、このファイナル作品は、これまで謎めかせていたウシジマの背景や心情にフォーカスされていたことが特徴であった。
男臭い人間ドラマを楽しむには十分!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA