2016 No.106 「ハドソン川の奇跡」

Pocket

2016 No.106 「ハドソン川の奇跡」
4点!/10点(斬新さ2点/5点+娯楽性2点/5点+)
320
2016年 米 Sully

2009年、エアバスA320旅客機がニューヨークのハドソン川に不時着水したものの155人の乗客乗員全員が無事生還した事故を題材にした、機長のチェズレイ・“サリー”・サレンバーガー手記「機長、究極の決断 『ハドソン川』の奇跡」をもとに、トム・ハンクスを主演に迎え、クリント・イーストウッド監督が映画化。
サリー機長は国民的英雄として称賛されるが、その判断が果たして正しかったのかどうか、国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われる中で、機長のことを熟練した操縦技術と強い責任感を持つ人物として描いていた。
機長のフラッシュバックによって事故の記憶を呼び起こす演出など、結末は分かっているはずなのに、観客に緊張感を与えるところはさすが!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA