2016 No.59 「エンド・オブ・キングダム」

Pocket

2016 No.59 「エンド・オブ・キングダム」
5点!/10点(斬新さ2点/5点+娯楽性3点/5点)
20160529_film1
2016年 英・米・勃合作 London Has Fallen

米国大統領のシークレットサービスとテロリストとの戦いを描いたアクションサスペンス「エンド・オブ・ホワイトハウス」(2013年)の続編をババク・ナジャフィ監督が映画化。
主人公シークレットサービス役にジェラルド・バトラー、米国大統領役にアーロン・エッカート、同国副大統領役にモーガン・フリーマンと前作に引き続き豪華俳優が集結!
前作ではホワイトハウスがここまで壊すか!というほどめちゃくちゃに攻撃されたが、本作では「映画とはいえ、よく英国が了解したなあ」と余計な心配をするほど、また「一体、何を警備してたんですか?」と首を傾げたくなるほどのパーフェクトなテロ攻撃を受け、ロンドンが完膚なきまでに破壊される!
これだけでも娯楽性は高いのだが、殺される寸前までボコボコにされる米国大統領、圧倒的な強さをもつシークレットサービスと、有り得ないキャラがこれまた面白い!
ホワイトハウス、ロンドンに続いて、また新しいシリーズ最新作を観たくなること必至!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA