2016 No.47 「アイアムアヒーロー」

Pocket

2016 No.47 「アイアムアヒーロー」
3点!/10点(斬新さ1点/5点+娯楽性2点/5点)

sub02_large

2016年 日 東宝

花沢健吾のコミックを、大泉洋主演、ヒロイン・比呂美役に有村架純、藪役に長澤まさみで、「GANTZ」や「図書館戦争」等のヒット作を手がけた佐藤信介監督が実写映画化。
私はコミックを見ていない上に、上手く作られた予告編の情報のみで、マイブームの架純ちゃあ~~~~~~ん(+オマケ大泉洋)ってノリで映画館に足を運んだところ、血塗れ、スプラッタ、ゾンビの洗礼に会った(笑)
「ZQN(ゾキュン)」と呼ばれるゾンビ化した人々に襲われ続けるところは本当に怖ろしく、この手のものが好きな方にはたまらない作品だと思う!
韓国スタッフも製作に加わったのが功を奏したのか(?)、残虐ぶり、グロさも高レベル!
徐々に成長していく冴えない主人公を大泉洋が好演し、時々クスッとさせる場面もありで、そこそこは楽しめる作品であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA