2016 No.25 「ヘイトフル・エイト」

Pocket

2016 No.25 「ヘイトフル・エイト」
3点!/10点(斬新さ1点/5点+娯楽性2点/5点)
hatefuleight_trailer
2015 米      The Hateful Eight

クエンティン・タランティーノ監督の長編8作目となる本作品は西部劇で、大雪で非難した先のロッジ内で繰り広げられる密室殺人ミステリーを描いたもの。
彼の作品の常連でもあるサミュエル・L・ジャクソンの他、カート・ラッセル、紅一点のジェニファー・ジェイソン・リー、ウォルトン・ゴギンズ、デミアン・ビチル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、ブルース・ダーンが共演。
先の第88回アカデミー賞で、見事作曲賞を受賞しただけあって、エンニオ・モリコーネが担当する作中の各曲は場面を盛り上げていた。
映倫区分はR18+であり、事前の期待以上の暴力・惨殺・残酷シーンが満載、おまけにあまり見たくない男性性器まで!(笑)
米国の歴史的病巣とも言える黒人差別やメキシコ人差別もしっかり?表現され、殺した男女を井戸に投げ込むわ、女性を平気で殴打するわで、娯楽を超えあまり愉快ではなかった、、、
全員嘘をついているワケありの男女8人によるサスペンスが軸で、タランティーノ作品「イングロリアス・バスターズ」にみられたヒューマンドラマの要素が小さいところは、も一つ個人的好みに合わなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA