2016 No.11 「エージェント・ウルトラ」

Pocket

2016 No.11 「エージェント・ウルトラ」
4点!/10点(斬新さ2点/5点+娯楽性2点/5点)

195748
2015年 米 American Ultra

米国中央情報局(CIA)が極秘裏に行っていたマインドコントロール・プログラム「MKウルトラ計画」を題材にアクションを取り入れたラブコメディを、ジェシー・アイゼンバーグとクリステン・スチュワートという黄金コンビを主演にし、ニマ・ヌリザデ監督が映画化。
主人公マイク(ジェシー・アイゼンバーグ)はいわゆるダメ男で、大切で可愛い恋人フィービー(クリステン・スチュワート)にもいいところを見せれない毎日を送っていた。
そんなある日、アルバイト先のコンビニで謎の女性客から一方的に暗号を聞かされ、その直後暴漢に襲われるも、眠っていた攻撃・防御能力が覚醒し、スプーン1本で倒してしまうところから物語は展開、、、
と、ストーリーは面白いものの、何故マイクの命が狙われることになったのかの説明がやや不足しており、またマイクが覚醒したときにもっと顔やオーラに殺気だったものを演出するとか、アクションにスピード感を出すとかの工夫も欲しかった。
要はメリハリがあまり効いておらず、人気俳優を使っている割には、平凡な作風になっているかなと、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA