2016 No.10 「の・ようなもの のようなもの」

Pocket

2016 No.10 「の・ようなもの のようなもの」
3点!/10点(斬新さ1点/5点+娯楽性2点/5点)

198437
2016年 日 松竹

2011年にこの世を去った森田芳光監督のデビュー作「の・ようなもの」(1981)の続篇として、松山ケンイチを主演に迎え、杉山泰一監督が映画化。
落語家一門の出船亭の中でのほろ苦くも温かい人間模様を描いた作品。
落語コメディの要素もあり、台詞の独特な言い回しも含め、好みが分かれると思え、また新婚で話題の北川景子の輝きも今一つに感じられた。
森田芳光監督にゆかりある俳優らが脇を固め、オマージュ感たっぷりの作風になってはいたが、映画作品としてはもっと高いレベルの演出は欲しい、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA